2015年11月20日

京都御苑 閑院宮邸跡で講演会

今日は、京都御苑の閑院宮邸跡で、地球環境関西フォーラム主催の講演会。
東京大学准教授の前真之先生から、「エネルギー多消費用途における省エネ措置について」というテーマでお話をお伺いしました。

特に印象に残ったのは、エアコンやエコキュートで使われているヒートポンプの「高温をつくるのは苦手」という特性。
・エアコン暖房は、必要最低温度で、風量を大きくすると効率がいい(風量は「自動」で)。ぬるい空気なら床にも届く。
・エコキュートは「ぬるいお湯をほどほどに貯める」と効率がよい。
・エコキュートは必ず「省エネモード」で使う(「おまかせ多め」「深夜のみ多め」はNG。若干湯切れしても少量昼に焚き上げる方がマシ)。
など、ヒートポンプの効率的な利用方法が勉強になりました。

閑院宮邸跡は、閑院宮家が東京に移った明治10(1877)年まで邸宅として使用されていた建物で、平成18年に改修されたステキな空間です。現在は京都御苑の自然と歴史についての展示コーナー等が設けられて、一般公開もされています。

中庭のイロハカエデは、まだ紅葉の途上でした。
151120_3.jpg 151120_2.jpg
posted by center at 18:00| Comment(0) | イベント・学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

木津川市の里山で芸術祭!

11/14(土)と15(日)、鹿背山(かせやま)元気プロジェクト主催の「鹿背山元気芸術祭」が開催されました。

古くは万葉集にも登場する木津川市鹿背山。
京都府地球温暖化防止活動推進員も参加する鹿背山元気プロジェクトは、この里山を手入れしながら、子どもたちの遊び場づくり、里山キャンプ、シイタケ栽培、柿畑の再生、里山アートに取り組んでいます。
里山の斜面を間伐してつくられた活動拠点は、子どもも大人も本気で遊ぶ、まさしく「ベースキャンプ」。

151116fb.jpg

時折雨に見舞われながらも、2日目の午後には青空が広がり、子どもから大人まで森歩きや音楽会などを楽しみました。
151116_5.jpg 151116_4.jpg

ロケットストーブで沸かした木津高校産のお茶、かまどで炊いたごはんや豚汁、石釜で焼いたパン、とれたての柿やミカン・・・どれも美味しかったです!
151116_2.jpg 151116_3.jpg
posted by center at 18:00| Comment(0) | イベント・学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/15(日)せいか祭りが開催されました

IMG_1616.JPG
前日は雨天でしたが、良いお天気になりました。空がキレイです!
会場は、けいはんな記念公園とけいはんなプラザです。

IMG_1584.JPG
精華町環境ネットワーク会議のみなさんのブースです。
こちらの一角で、少しお手伝いをさせていただきました。

今回の目玉は、ペープサートの人形劇です。
ごみをテーマに、ごみ部会のみなさんが実施されていました。

IMG_1608.JPG
身近なテーマで、子ども達にもわかりやすいお話でした。
多くの親子連れが熱心に見ておられました。

IMG_1604.JPG
他にも、ごみに関連する展示や、アンケート調査をされていました。

IMG_1592.JPG
省エネコーナーでは、パネルクイズとアンケートを実施。
今回は、こちらのお手伝いをさせていただきました。
テーマは「節湯で省エネ」です。

「お湯を作るには、実はたくさんのエネルギーが必要なんですよ」
精華町の推進員さんが説明をするたびに、
意外だわ、知らなかった、という驚きの声が。

IMG_1590.JPG
テーマにあわせて節水シャワーヘッドの比較実験も行いました。
みなさん興味津々でした。関心の高い方が多かったです。

会場のお客さまも熱心な方が多く、お話もはずみ、とても楽しかったです!
また、精華町環境ネットワーク会議のみなさんも、どなたも親切で、
ごみのことや、省エネのことについて、活動のことも教えていただき、
とても楽しい一日となりました!

また参加できたらなと思いました。
精華町のみなさん、どうもありがとうございました!
(あさい)
posted by center at 12:08| Comment(0) | イベント・学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

「エコと防災」ワークショップ

 京都市の「エコ学区」事業の一環で、11月14日(土)に別所学区で、本日15日(日)には淳風学区で、「エコと防災」のワークショップのファシリテーターを務めてまいりました。
 温暖化は、自然災害を引き起こします。ですから、温暖化対策は、災害のリスクを低下させるための対策でもあります。
 災害は、ライフラインにダメージを与える可能性があります。ですから、エネルギー自給率の高い暮らしや地域は、災害に強い暮らし・地域でもあります。
 別所学区でのワークショップは、消防署や自治会による防災訓練と合わせて開催され、私も、防災についての勉強をさせていただきました。
 今後も、「防災」とのコラボが、温暖化問題(適応策を含む)について情報を発信する重要な機会となりそうです。(きはら)
posted by center at 18:00| Comment(0) | イベント・学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

低炭素食材勉強会(京やましろ産食材)を実施(11月12日)

山城地区での旬の野菜、特別栽培米、自然栽培のお茶も登場

京都府南部で作られている農林水産物+舞鶴の魚の京都づくし食材勉強会を昨日いずみホール(木津川市)で行いました。


yamashiro.jpg
今回は農家の市川さん、給食会社の西島さん、JA京都山城の片岡さん、木津川市で食事処をされてる森田さん、と食に関わるいろいろな立場の方からお話をいただき、さらに参加者同士の意見交換の時間も設けました。参加者も、介護施設の関係者、木津川市内の企業をはじめ、いろいろな立場の方に集まっていただきました。

 ryouri1.jpg ryouri2.jpg ryouri3.jpg


 今回の勉強会が京都府南部での低炭素食材(地元で旬、環境配慮型食材)の利用が前進するきっかけになってくれればと思います。

(にしざわ)



posted by center at 14:46| Comment(0) | イベント・学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

カエデ紅葉日調査始まりました!

宗像神社のイロハモミジ
今年のカエデ紅葉日調査始まりました

事務所を二条に移すまで、毎年観察していたモミジの木、やっと色づき始めた感じです。午後の用事と府庁である会議、少し時間が空いたので、久しぶりに御所に立ち寄り観察しました。
出水口近くのモミジは、色づきが変な感じ、、あと秋咲きサクラが咲いていました。
151109.jpg 151109_2.jpg 151109_3.jpg
posted by center at 18:00| Comment(0) | サクラ開花・カエデ紅葉調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

ドイツ総領事館主催「日独温暖化防止シンポジウム」

 11月3日、ドイツ総領事館主催の「日独温暖化防止シンポジウム」が開催され、私も分科会のパネリストとして参加させていただきました。

▼シンポジウムの内容はこちら(ドイツ大使館・総領事館のサイト)
http://www.japan.diplo.de/ondanka

▼様子を紹介したニュース映像はこちら(毎日放送)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl

 刺激たっぷりの1日だったのですが、特に印象的だったのは、ドイツでは「温暖化対策は、国・地域・暮らしを豊かにする」という共通認識があり、その実現に向かって着々と政策・対策が進められているということ。

 国連気候変動枠組条約事務局の調査結果によると、「地球温暖化対策は生活の質を向上させる」と考える市民が、世界平均では66%に上るのに対し、日本では17%にとどまるのだそうです。
 低炭素型のステキな暮らしや地域像を描き、身近な実例を作り、ビジョンを広く共有することが今後ますます重要になると感じました。(きはら)

posted by center at 18:00| Comment(0) | イベント・学習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする