2010年08月04日

7月30日 京都府産木材認証制度運営協議会 総会を開催しました。

「木材自給率50%を目標に…」
「公共建築物の木材利用を促進する法律が制定…」

国産木材・地元木材の動きに大きな変化が起こりそうです。


そんな中、京都府産の木材を認証し、利用促進を進めている
京都府産木材認証制度運営協議会の年次総会が開催されました。

お忙しい中お集まりいただいたみなさま、ありがとうございました。

wms1zentai.jpg
当日は登録事業者からの出席が60名でした。

wms2hukutizi.jpg
副知事からもご挨拶をいただきました。

wm3gizisinkou.jpg
昨年度の成果を確認し、今年度の新たな事業について審議しました。

wm4ikenkoukan.jpg
総会後、各委員会に分かれて意見交換を行いました。

wm5kouenkai.jpg
基調講演「木質資源の地産地消による地域力の再生」
京都府立大学 生命環境学部 田中和博教授にお話をしていただきました。


これからも、地元の木材利用が増えて、京都の山や森が生き生きと
元気になるように活動を進めていきたいと思っております。

(アサイ)


posted by center at 10:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 森林 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
京都の木材利用が増えて、京都の山や森が生き生きと
元気になるように、私も願っています。
Posted by リフォームするなら京都の高屋工務店 at 2010年08月04日 12:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。