2011年06月28日

緑のカーテン観察日記2

先週あたりからすっかり暑くなってしまって、早くも夏本番といった感じですね・・・
緑のカーテンの完成が待ち遠しいです。

先週にゴーヤの摘心というのをしてみました。
摘心とは親づるの先を切ってしまうことです。これをすることにより、親づるが伸びる為の栄養が子づるのほうに回るため、葉っぱが繁りやすくなるそうです。
摘心.jpg

そして、一週間後
摘心後.jpg

なるほど、確かに今まで親づる一本だけだったのが、いろんなところから子づるが伸びてきました。
この方が日差しも広くカバーできそうですね!
ゴーヤ(引き).jpg

真ん中のヘチマも、植えた時は「ちょっと元気ないかな?」と思ってましたが、だいぶ元気そうになってきました。
こちらも早く大きくなってくれるといいなぁ
ヘチマ.jpg

(たきはな)
posted by center at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都府産木材 展示施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック