2016年09月28日

向日市立勝山中学校で「ハンバーガーの向こう側」授業を実施

9月23日に、向日市立勝山中学校の1年生全員(なんと197名)を対象に出前授業に行ってきました。

推進員の木戸さんとともに、体育館での一斉授業でグループワークにも挑戦してもらいました。
今回のプログラムは「ハンバーガーの向こう側」で、ハンバーガーの主食材である小麦粉と牛肉をテーマにフード・マイレージについて考えるものです。
そして「賢い選択」が地球温暖化防止につながることを伝えました。
短い時間でどのくらい中学生に理解してもらえたかちょっと不安ですが、先生からは「食と地球温暖化のつながりが分かった」とのコメントをいただきました。
(にしざわ)

0928 1.jpg

14450000_701202586698631_7978693309957064814_n.jpg
posted by center at 18:00| Comment(0) | 子供向け環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]