2016年10月27日

南丹地区の推進員と保健所が連携で小学校で授業 テーマは「電気をはかってみよう」

10月27日(木)3・4時間目に京丹波町丹波ひかり小学校5年生を対象に、地球温暖化について、そして省エネについて考えてもらう授業が行われました。

この授業は南丹保健所が中心となって、管内の小学校に出前講座をする「未来っこ地球教室」の一つです。
京都府地球温暖化防止推進員も講師としていろいろなコーナーを担当します。
私も助っ人で授業に入ってきました。
「地球温暖化の現状を詳しく知った」、「熱やお湯など作るときにエネルギーがたくさん必要なことが分かった」などの感想が、授業を受けた児童たちから聞かれました。
これからの毎日の生活でできることも考えてくれました。
(にしざわ)

南丹市 1.jpg 南丹市 2.jpg

南丹市 3.jpg
posted by center at 18:00| Comment(0) | 子供向け環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]