2013年11月25日

亀岡市立川東小学校で親子温暖化防止教室開催

グループワークで「温暖化防止のために私たちができること」を考えよう!

11月21日(木)には、南丹地区の推進員さんや保健所の方と、出前講座に行ってきました。
亀岡市立の小学校、5年生が対象です。地球温暖化の原因と影響、私たちの生活とのかかわり、自転車発電体験などで電気について学んだあと、グループワークで私たちができることを考えました。
それぞれのグループでたくさんアイディアが出ており、みんな一つでもいいので実践しよう、ということで授業を終えました。

131121 kawahigashi1のコピー.jpg  11131121 kawahigashi3のコピー.jpg  131121 kawahigashi2のコピー.jpg

(センター にしざわ)
posted by center at 16:25| Comment(0) | 子供向け環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

丹波ひかり小学校で地球温暖化防止教室開催

家庭の電気をはかってみよう

 10月31日(木)3・4時間目に、口丹推進員連絡会のみなさんとともに丹波ひかり小学校5年生50名のみなさんと、私たちの暮らしと電気の使い方について考える授業を行いました。自転車発電では、AKB48の曲が流れ、みんなリズムに乗って、自転車をこぐ同級生に大きな声援を送っていました。毎日使っている家庭電化製品の電気使用量をワットチェッカーで確認するなど、毎日何気なく使っている電気について考えてもらう機会となりました。

hikari3-10312013.JPG  hikari2-10312013.JPG

hikari1-10312013.JPG  hikari4-10312013.JPG

(センター にしざわ)

posted by center at 12:00| Comment(0) | 子供向け環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

長岡京市立第四小学校で「フード•マイレージ」の出前講座開催!

フード•マイレージ買い物ゲームを体験しよう!

10月9日に、長岡京市立第四小学校の5年生と「地産地消と温暖化」について考えてもらう出前講座に、センター職員と長岡京市内の推進員さん2名で行ってきました。
ゲームの中でそれぞれのグループが考えた献立が、二酸化炭素を多く出す献立なのか、少ない献立なのか、など比べながら学んだ後、実際の学校給食はどうなのか、も考えてもらう時間となりました。
長岡京市内の学校給食は、栄養教諭の方々が京都府産食材を積極的に利用しておられ、第四小学校では学校園で獲れた野菜も使われます。この夏は菜園でとれた冬瓜が給食に! また、10月9日の給食も、アーモンド田作りのお魚は丹後産でした。

nagaoka-4-2.JPG  nagaoka-4-4.JPG

長岡第四小学校では、校長先生が「kyoのながよん」を作成され、日々の学校の動きを学校内で掲示し、HPでも公開しています。今回の授業の様子が175号として記事がアップされていますので、ぜひご覧下さい。

http://www.edu.city.nagaokakyo.kyoto.jp/naga4-e/panel25%20-2/10.9demaefoodmyrage5nen.jpg

(センター にしざわ)
posted by center at 09:48| Comment(0) | 子供向け環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

丹後地域公民館で温暖化防止教室開催

丹後地域公民館では、夏休みに4回連続シリーズの地球温暖化防止学習会を開催中です。
第1回目(7月30日)と第2回目(8月6日)は、エコネット丹後と京都府温暖化防止センターと協働で学習会を開催しました。
第1回目、第2回目は地球温暖化の原因や影響、そして私たちの生活とのつながりについて考える教室となりました。夏休みにもかかわらず参加しようという小学生だけに、2回ともとっても真剣なまなざしで教室に参加してくれました。質問もバンバン出たり、自分から発表したい、という声を出す子どもも。京都から出かけて行ったセンタースタッフも大変勉強になりました。

0730tango-2.JPG
生きものの立場になって、温暖化の影響と暮らしを考える。双六形式なので楽しみながら学習。

0806tango-1.JPG
昭和21年の絵日記、というタイトルの絵本から、昔のくらしと今の暮らしの違いを考えます。

第3回(8月20日)はタケチャンファーム見学、第4回(8月27日)は自然エネルギーについて学ぶ、をテーマにエコネット丹後が教室を運営します。京丹後市の温暖化防止推進員の活躍が見られるいい機会ですが、ちょっと覗きに行くには距離が遠い…です。

(センターにしざわ)
posted by center at 13:50| Comment(0) | 子供向け環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

宇治市中央図書館で親子温暖化教室と夏休み工作教室

IMGP0203.JPG
夏休みに入ったばかりの昨日7月24日に宇治市中央図書館で親子温暖化教室とソーラーメロディハウスの工作教室を行って来ました。
IMG_0293.jpg
地球温暖化のことを学習し、発電体験や自然エネルギーの大切さを学んだ後で太陽電池と牛乳パックを利用した音のなるメロディハウスを作りました。
IMG_0306.jpg
21名の子どもの参加者とその付添の保護者9名で楽しく学習した後に、夢中で工作に励んでいました。
参加されていた方より、「サンゴの白化がとてもびっくりしました。これから考えて行きたいと思います。」との感想いただきました。
また、世界中で毎日のように起きている異常気象を気象庁がまとめているサイトから
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/monitor/weekly/
「6月28日から7月2日の週で米国南西部ネバダ州のラスベガスでは、1日の日平均気温が40℃に達し(平年値:約32℃)、30日の日最高気温は47℃に達した。」と紹介したところ、「とても平均気温が40℃を超えたようなところでは生きていけない。」との声。

終了後には、「夏休み期間中、ぜひ本を借りて勉強してね。」と、温暖化に関する子ども向けの本が並べられており、さすが図書館と思いました。
IMG_0297.jpg

川手
posted by center at 14:35| Comment(0) | 子供向け環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

綾部の二校で環境教育実施


image-20130711165223.png

午前は豊里小学校4年生26人、午後は東綾小学校5.6年生36人を対象に、出前授業を実施しました。
といっても、温暖化の説明や手回し発電体験のサポート、昔の道具の説明など、主要な部分は、いつものように推進員さんが担当。うまく関心を引きながら話を進めてくださいました。
東綾小は、夏休み省エネチャレンジに取り組み、その結果を用いての事後学習会も計画してくださっているとのこと。子どもたちがどんな取り組みを実践してくれるか、楽しみです。
きはら
posted by center at 16:59| Comment(0) | 子供向け環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

南丹市摩気小学校・西本梅小学校5年生の合同授業で地球温暖化防止教室を実施

口丹地域の推進員さんが大活躍!

6月13日(木)は南丹市の小学校で、南丹市保健所と推進員さんたちと共に、出前授業に行ってきました。
今回は人数も少なかったので、自転車発電体験も全員が体験でき、大変盛り上がりました。また、「はかってみよう」で実際に身近な家庭電化製品がどのくらい電気を使っているのかエコワットで測ってみたりして、日常生活で使っている電気の使い方について考え、節電が温暖化防止に繋がることなど、じっくりと学ぶ機会を作ることができました。今回は京丹波町と南丹市から推進員さんお二人が助っ人としてお手伝いしてくださいました。

IMG_0016.JPG  IMG_0021.JPG

IMG_0040.JPG  IMG_0053-p.jpg

(センターにしざわ)
posted by center at 15:23| Comment(0) | 子供向け環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

保育園でソーラークッカー

京都市伏見区の保育園の親子バーベキュー大会にて、ソーラークッカーのワークショップを行いました。

130525solarcooker05.jpg
▲とてもいいお天気で、ソーラークッカー日和でした。

130525solarcooker01.jpg
▲ポップコーンできるかな?

130525solarcooker02.jpg
▲15分くらいで、弾け始めました。

130525solarcooker03.jpg
▲30分くらいで、一鍋ぶん完成!

130525solarcooker04.jpg
▲おひさまポップコーン、おいしいな♪

ソーラークッカーは、太陽高度の高い季節であること晴天であること黒い鍋を使うことが最大のポイントです。10〜15分に1回、太陽の向きに合わせ、角度を調整します。

参加者約130名だったので、ソーラークッカーでは間に合わず、傍らでバーベキューの炭火と大きいフライパンを使って、ポップコーン大量生産しながらの実演となりました。

仕組みをまじまじと見つめるお父さん、「防災に役立つんちゃう?」と関心をもつお母さん、「ほんまにできるねんな〜」と驚く小学生のお兄ちゃん、たくさんの方に興味を持ってもらえてよかったです。

ソーラークッカー、箱はかなり大きいですが(90cm×90cm×40cmくらい)、組立簡単で、片手で持ち運べる超軽量型です。

環境学習用に当センターで貸し出しておりますので、ご活用くださいね。

貸し出しについてはこちら
posted by center at 18:00| Comment(0) | 子供向け環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

自転車発電で電気の大切さを実感!亀岡市立亀岡小学校で出前講座

5月23日に亀岡市立亀岡小学校
5年生114名が地球温暖化について学ぶ教室開催

 口丹地区の推進員と南丹保健所と共同で行っている出前講座、今回は亀岡小学校での授業でした。
地球温暖化について学んだり、クイズや自転車発電体験をした後、全員で「自分たちができること」を考え発表する時間を持ちました。2時間、暑い午後の授業でしたが、最後までみんな元気に授業に参加してくれました。

IMG_0007.JPG  IMG_0018.JPG  IMG_0027.JPG

(センター にしざわ)
posted by center at 15:07| Comment(0) | 子供向け環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昔の暮らしの知恵を学ぼう!夏を涼しく過ごす工夫を探せ

5月22日 木津川市立相楽台小学校で地球温暖化防止教室開催

 今年も木津川市立相楽台小学校で、エネルギーをできるだけ使わない夏の涼しさを考える授業を、推進員や木津川市こどもエコクラブサポーターの会のメンバーとともに4年生対象に実施しました。
 まず、フォトランゲージという手法で、写真から地球温暖化による環境への影響をみんなで考えた後、地球温暖化の原因を学んだりしました。
05222013 saganakadai-1.JPG  05222013 saganakadai-3.JPG

 また木津川市などで昭和30年代の昔の写真を紹介して、今の暮らしと比較することで、電気などのエネルギーを使わずに夏を涼しく暮らす方法をみんなで考えました。
 今年は4年生は、校舎南側全面でのみどりのカーテンづくりにも挑戦しています。夏にどんなカーテンができるか楽しみです。
05222013 saganakadai-5.JPG

(センター にしざわ)
posted by center at 14:53| Comment(0) | 子供向け環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

推進員さんと一緒に綾部小学校で授業を実施

130523綾部小学校.jpg

 本日5月23日、綾部市内の綾部小学校で出前授業を実施しました。今回実施したプログラムは、綾部市内の推進員さんたちと打ち合わせを行って一緒に考えたもの。本番となる今日も6名もの推進員さんが参加してくださいました。
 対象は4年生3クラス約90名。1時間目は、全員を対象に温暖化問題の概要について説明し、2〜4時間目は、クラスごとに、手回し発電体験や火力発電実験、昔の生活の知恵の紹介などを行いました。児童のみなさんは、とても熱心に聞いてくださり、質疑応答の時間が全く足ず授業が終わった後も質問の列ができるほどでした。(全員の質問にお答えできなくてごめんなさい!)
 温暖化のメカニズムの説明、生活と温暖化のつながりに関するクイズ、昔の生活の知恵紹介などは、いずれも推進員さんが手分けして担当してくださいました。写真は、推進員さんが洗濯板とタライを紹介している場面。なんとこのタライ、95年前から推進員さんの家にあったものだとか。他にも、炭を使うアイロンや手作りのハタキが登場。打ち水をしたこと、蚊帳をつって寝たこと、風鈴で涼を感じたことなどもとても楽しそうに語ってくださり、「実物」と「実体験」が持つ説得力をあらためて感じました。
 今の子供たちに、完全に昔の暮らしに戻れと言うつもりは全くありませんが、ぜひ知恵を絞って省エネの「工夫」をしてみてほしいなと、そしてその楽しさを知ってほしいなと思います。
(木原)
posted by center at 17:51| Comment(0) | 子供向け環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

同志社女子中学校で授業

130514doujo.jpg

5/2(木)、13(月)、14(火)の3日にわたり、同志社女子中学校で出前授業を行いました。

3年生の総合的な学習の時間で、

・地球温暖化についての新聞記事を読む
・地球温暖化とは何か
・火力発電の実験
・CO2を出さない暮らし(省エネと自然エネルギー利用)

という構成でお話をさせていただきました。

やっぱり盛り上がるのは火力発電の実験。

カセットボンベでフラスコの水を沸騰させ、蒸気でタービンを回し、LEDが点灯させる装置なのですが、タービンが回り始めると「おお〜!」と拍手が起こりました。

これから、新聞記事などを集めて調べ学習をすすめていくとのこと。楽しみですね!

(受講者数 3日間合計 245名)
posted by center at 17:38| Comment(0) | 子供向け環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

綾部市の上林中学校で授業

綾部市内の上林中学校にて、出前授業を行いました。全校生徒が20名ほどという小規模な学校で、それだけに、生徒さんとかなり近い距離でお話できました。

やはり、電気を使うことが二酸化炭素を出すと知らない生徒さんも多いようで、火力発電実験キットに関心を持ってもらえたようです。

なお、綾部駅と学校の間の移動は、あやバスを使わせていただきました。市民の大切な「足」を守り続けておられる方々に敬意を表します。
posted by center at 12:06| Comment(0) | 子供向け環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

出前授業に向けて自主研修

今日は、事務所のスタッフ数名で、温暖化防止出前授業の自主研修をしました。

130408hatsuden01.jpg
カセットコンロを使って火力発電の実験

130408hatsuden02.jpg
発電についてウンチクを語る事務局長

実験道具や映像資料を実際に使いながら、授業の構成について議論しました。

新学期が始まったこの時期、府内各地から出前授業の申し込みが相次いでいます。

わかりやすく、驚きがあり、家庭でも話題になるような授業を実現したいと思います☆

(竹)
posted by center at 18:00| Comment(0) | 子供向け環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

フード・マイレージ買い物ゲームを体験(長岡京市立第四小学校5年生)

長岡京市立第四小学校で地球温暖化防止教室開催

 1月11日(金)に長岡京市立第四小学校の5年生3クラスがフード・マイレージについて学習をしました。この授業では、班別に夕飯メニューを考える中で、自分たちで決めた献立が、環境にどのように影響があるのかどうか調べました。

 5年生は総合的な学習等を通じて地産地消についても勉強してきており、産地や旬を意識した献立が続出。それでも、今と昔の班で二酸化炭素排出量など違いが出て、食べ物の流通や輸送エネルギーについて考えてもらう良い機会となりました。
 また、この日の給食は、学校の畑で採れた大根が使われていたので、その日の給食のフード・マイレージCO2の削減量を試算することもでき、実践活動が温暖化防止につながることを少しは感じてもらえたように思います。
bw_uploads/tm_1357864905414.jpg

nagaokadai4-2.jpg

nagaokadai4-3.jpg

nagaokadai4-4.jpg

当日の様子は、学校のHPでも紹介されました。
Kyoのながよん1/11

(センター にしざわ)
posted by center at 15:41| Comment(0) | 子供向け環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

宇治田原親子温暖化教室

宇治田原公民館で温暖化とエネルギーについて学び、
太陽電池を利用したメロディハウスの工作をする
学習会の進行をしてきました。










みんな発電体験と工作に夢中でした。

センター川手
posted by center at 15:32| 子供向け環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

夏休み省エネチャレンジから冬休み省エネチャレンジへ

11月8日に出前講座に、そしてその後に

 

木津川市相楽台小学校では4年生が総合的な学習の時間に「環境」をテーマに学習を続けています。1学期に「夏を涼しく暮らす」をテーマに、震災後のわたしたちの暮らしを見つめ直す学習をし、そのあとグリーンカーテンを校舎で育て学習に活用しました。

そして、夏休みは「夏休み省エネチャレンジ」に39名の児童が挑戦しました。

2学期は、この夏休み省エネチャレンジで実際にどれだけ二酸化炭素が減らせたのか? また、家庭での電気の使い方を再考してもらうため「はかってみよう」の授業で、家の電気製品調べ、家電製品の電気使用量を学ぶ授業を行いました。

今回も、木津川市の京都府地球温暖化防止推進員さんや子どもエコクラブサポーターさんとともに授業を展開しました。

 

saganakadai1108-1.jpg saganakadai1108-4.jpg

(家庭の電気製品について学習、 自転車発電も体験)

 

子どもたちが家で使っている家電製品は、授業であげただけでも50種類以上と児童たちもびっくり。そして、自転車発電で鳴らしたらカセットテープレコーダーは消費電力が1W に満たないこと、ドライヤーが1000W以上の電力を使うことなど学び、冬に向けてできる省エネ活動について考えるきっかけにしました。

saganakadai1108-3.jpg

(扇風機をつけるとどの位電気をつかうのかな?)

 

saganakadai1108-2.jpg

(調べたことを発表)

 

 

この授業のまとめとして、4年生はその後の総合的な学習の時間でもグループ毎に学習したことを整理し発表をしました。そして、自分たちで考えた「冬休み省エネチャレンジ」を学年で実施することになり、現在(11月29日)、省エネチャンレンジとしてどんな取組をするか児童たちで内容を検討中とのことです。

総合的な学習の中で取り組むことで、継続的な学習に発展しています。

(センター西澤)

posted by center at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供向け環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

今年は電気に頼らず夏を涼しく過ごそう 相楽台小学校で出前講座

今年度も木津川市立相楽台小学校の4年生を対象に、「地球温暖化問題を考えよう」をテーマに5月31日に授業を行いました。 木津川市こどもエコクラブサポーターの会のメンバーとともに指導に当たりました。

フォトランゲージで地球温暖化による世界各国の影響について学びました。

saganakadai2011-3.jpg

地球温暖化の原因などを生徒さんに地球になってもらって説明する。

saganakadai2011-2.jpg

50年ほど前の暮らしの写真を見て、電気製品に頼らない生活のあり方について考える。

最後に、学校でも設置予定の緑のカーテンの効果等についても紹介しました。

この授業のあと、4年生は、次の週の総合学習の授業で、出前授業の復習を兼ね、児童一人ひとりが環境新聞を作ったそうです。 授業のお礼状とともに、この環境新聞のコピーも学校から送っていただきました。出前講座に行ったきりではなく、その後子どもたちがどのように感じたかなどフィードバックしていただくと大変ありがたいです。

sourakudai2011-4.jpg

今年も1年間総合的な学習の中で、環境についてしっかり学び実践してくれたらいいですね。

(センター にしざわ)

 

posted by center at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供向け環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

宇治市推進員有志、木幡小学校のへの出前講座で大活躍

少し前の報告になりますが、2月3日(木)の5時間目と6時間目に宇治市木幡小学校5年生対象に出前講座を行いました。
この日のプログラムは盛りだくさん。

(1) 地球温暖化について(推進員Uさんが説明)
(2) 自転車発電で、2クラス対抗電気生産対決
(3) 自転車発電の発電量クイズ(推進員Tさん)
(4) 5年生の省エネ活動の総まとめと今後何かできるか考えてもらう時間

という4部構成で行いました。


kowatab-1.jpg


今回のメインイベントは、2クラスで充電式乾電池に自転車発電で蓄電を行い、
その乾電池でプラレール電車を何周走らせることができるか競い合う部分。
そこを写真で紹介します。

各クラス6人ずつ選抜
3分間かける2セッションで乾電池に蓄電

kowata203-2.jpg

そのあと、おもちゃの電車に乾電池をつけ、同時に同じ長さの線路で走らせ、
走行距離を競わせます。結果は、 1組のほうが2周多く電車が回りました。

kowatab-3.jpg

お楽しみあり、そして、電気を作ることの大変さを多くの子どもが実体験し、
またきっちり学習にも落とし込めたこの授業、帰りには、先生に『来年もぜひお願いしたい」とうれしい感想をいただきました。

(センター 西澤)

posted by center at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供向け環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

冬の省エネを考える学習会を開催

12月7日(火)に長岡第四中学校で冬をあたたかく過ごす工夫
についての学習会を開催しました。

今回の学習会は、京都府立大学の松原先生とゼミ生と協力して
プログラム・教材開発を行いました。

家の中で寒く・冷たく感じる場所やものを挙げてもらい、
その後熱の伝わり方についての実験を行いました。

部屋の中では生活スペースとなる下層部分がとても寒くなってしまう
理由について、対流の実験を通して確かめました。

また、木材や金属、じゅうたんなど様々な素材のものを触って、
熱の伝わる早さについての体験も行いました。

nagayon101207.jpg


これらの実験を受けて、生徒からは
「窓をなくしたり、カーテンを厚いものにするとよい」
「熱いものを食べてあたたかく過ごす」
「シーリングファンを使う」
などの省エネの工夫が発表されました。

今後も、内容を改定しながら、さまざまな場所で実施していく予定です。

(よしかわ)

posted by center at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供向け環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする