2012年12月27日

年末年始のご案内

当センターは、12/28〜1/3の間、年末年始休業をいただきます。

本年お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

どうかよいお年をお迎えください。

(竹)
posted by center at 18:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

報告:NPO法人京都地球温暖化防止府民会議総会開催

120617_1.jpg
6月17日(日)に、当センターの母体であるNPO法人京都地球温暖化防止府民会議の平成24年度通常総会が開催されました(於:京都テルサ会議室)。

多数の正会員のみなさまにご参加いただき、慎重審議の結果、全議案が承認されました。

下の写真は昨年度事業についてスライドを使って説明する木原事務局長。説明に熱が入りすぎて、少々時間をオーバーしてしまいました(笑)

120617_2.jpg




総会終了後には学習会「見える化診断でここまで進む! 必見!節電・省エネ実践事例」を開催し、会員外の方にも多数ご参加頂きました。
中小企業見える化診断は当センターが京都シニアベンチャークラブ連合会の協力の下実施している事業です(詳しくはコチラ)。

診断に応じていただける企業を絶賛募集中です!!

0617_3.jpg
(講師の山義和氏)

今年度も当センター(当法人)の活動にご協力賜りますよう、関係者のみなさま、何卒よろしくお願いいたします。

(ふちがみ)
posted by center at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

まいづる環境市民会議設立

4月30日に、表記の通りまいづる環境市民会議設立総会が開催されました。

本会は、国の「地球温暖化対策の推進に関する法律」に規定される地球温暖化対策地域協議会も兼ねており、舞鶴市内を中心に活動する多くの環境NPOや民間企業、民間団体等が設立発起人や団体会員として名を連ねています。

総会での協議により、会長には舞鶴工業高等専門学校の尾上亮介教授が選出されました(写真の壇上の方)。

120430maizuru.jpg

本会の設立により、舞鶴市において温暖化防止活動がますます盛んになることを期待します。

(ふちがみ)
posted by center at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

続いてます,昼食もケータリングで地産地消、フード・マイレージ減

社員食堂で地産地消のキャンペーンに参加したことをきっかけに、「社員食堂がなくても昼食の地産地消」を定期的に実施しています。

桜も咲き始めているこの時期、そのままお花見に行きたくなるようなランチが届きました。

メニューも春を感じる野菜が豊富に使われており、いつもながらおいしい食事が食べられました。

DSC02053.jpg

事務局スタッフ11名で一緒にランチを楽しめました。月に1回の定例になりそうです。

畑カフェさんありがとう。

DSC02042.jpgDSC02050.jpg

(菜花の色が春を更に感じさせてくれます)

 

posted by center at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

桜の開花調査 各地で実践中 (毎日事務所に報告が届いてます。協力ありがとうございます。)

今年は桜の開花がまだの地域が多く、今日はじめて宇治市から「開花したよ」報告が来ました。

4月2日の夕方になって開花したそうです。

センター近くの御所南小学校の桜もようやく5輪以上の開花が確認できました。

4月3日の開花となり、昨年は4月1日に開花を確認していますので、昨年より2日遅い開花と言えそうです。

goshominami 0403-1.jpg goshominami0403-2.jpg

4月3日朝、センターまでの通勤途中に撮影。雨の中でもひっそりと咲き始めました。

観察をされている推進員さんなどから、まだか、まだか、と待ちわびておられる様子が伺える報告が、毎日続々と届いています。

今週もどのくらい気温が高くなるかで開花の進み具合が変わりそうですね。今週末はお花見が楽しめる?

引続き観察の協力よろしくお願いします。

(にしざわ)

posted by center at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

松ヶ崎エコ学区新春放談会

1月29日(土)に松ヶ崎小学校にて、京都市のエコ学区事業でこれから何をしようか?という集まりです。会長さんが「水と土を活かしたエコ学区づくり」プランを語られ、その後地域の自治会の役の方、消防団の方、PTAの方、おやじの会の方など集まった方でワイガヤです。宝ヶ池は江戸時代に松ヶ崎の方々が作られたんですよ。宝ヶ池がなかったら、国立京都国際会館、ひいては京都議定書というものは現在のような形であったかどうか…(いとう)
image-20120128135604.png
posted by center at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

地産地消ランチ、今日は舞鶴産さかなデー

センターでとりあえず最後の地産地消ランチーデー。今日は舞鶴産の水産物が食卓を賑わしました。メインは、里芋がのった鯖の味噌煮。そして、ハタハタのたっぷり野菜入りの南蛮漬け、アカモクごはん、ワカメスープというメニューでした。今日は環境市民のスタッフ4名も合流して、センタースタッフとともに地産地消ランチを囲んで情報交換の場にもなりました。

メニュー1.jpg

いつものように、畑カフェOishiiから今日のメニューが。とりわけ、里芋が皮ごと調理され鯖にのっているのですが、ある人は「ミートボール」、ある人は「たこやき」、ある人は「ばい貝」と食べる前から会話が弾みます。

さばの味噌煮1-1.jpg

ケータリングなので、大皿でおかずはやってきます。

全体写真2-1.jpg

みんなの分を取り分けます。

全体写真1-1.jpg

一人分はこんな感じです。今日は、自給率それも京都産ほぼ100%。

看板1-1.jpg

今日の看板はお魚メインということで、海バージョン。

今年の秋は、旬の食材をたくさん知り、おいしくいただくことができました。

食堂がない事務所でもぜひお試しあれ。

(センター にしざわ)

posted by center at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

社員食堂で地産地消 舞鶴産サカナフェアーが堀場製作所で始まりました

毎日舞鶴産の魚が色々なメニューで登場(直売所までできました)

京都グリーン購入ネットワーク+きょうと風土コンソーシアム(事務局:京都府温暖化防止センタ−)で共催している「社員食堂で地産地消、おいしおす京都」に参画している堀場製作所(京都市南区)の社員食堂で「地産地消フェアー、舞鶴さかなフェアー」が今日から始まりました。15日(木)までの4日間、毎日違う魚メニューが食堂で登場します。

12月12日は、キスと鰯の天ぷら、小鯛のエスカベッシュソース、アカモクそばが提供されていました。

horiba-5.jpg

キスと鰯の天ぷらに小松菜の副菜、お味噌汁

天ぷらもお味噌汁も温かく提供され、おいしい!

Horiba-3.jpg

小鯛のエスカベッシュソース

horiba-4.jpg

また、地産地消フェアーであることを伝えるために、食材の産地のディスプレーも!

野菜も、キャベツや大根、ネギ、もやし、小松菜、さつまいもなどが京都産でした。

horiba-6.jpg

さらに直売所も! 舞鶴産の笹ガレイや鯛を求める社員の姿も。

「わたし福知山市の出身で、舞鶴の魚よく食べてたんだよね。」

と会話も弾む。

8月に舞鶴産魚の試食会でつながった生産者と消費者。未だまた、イベント的なとろこはありますが、まずは「地元京都の魚を地元で食べる」ことのつながり拡大に少し役立ったのかなあ、と実感して帰路につきました。 

ちなみに、明日13日はぶりの照り焼き、14日(水)は小鯛の蕪蒸し、15日は鰯の蒲焼き丼、が予定されています。どれも美味しそうですね。

(センター にしざわ)

posted by center at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

学校給食に京都のお魚を!

11月24日午後に木津川市学校給食関係者で京都府産水産物の勉強会を実施しました。

当センターが協働ですすめる「低炭素型食の好循環づくり」の学校給食プロジェクトでは、木津川市での学校給食に地元産食材をこれまで以上に使ってもらい、フード・マイレージ短縮に繋げようと支援しています。京都府の一番南に位置する木津川市では海からも遠いこともあり、あまり子どもたちも魚について知らない、京都府産の魚を子どもたちに食べさせたい、との思いから今回京都府産水産物が取入れられるかどうかの試食会を実施しました。

まず、京都府水産課の井谷氏から、舞鶴市内の学校給食に舞鶴産の魚導入が進んだ事例のお話を聞きました。

kizu-kyushoku1.jpg

その後、実際に京都ではどんな魚がとれ、重さ、形状、味など、学校給食の素材として使うことができるのかどうか、を試食も含めて検討しました。当日は、木津川市内にある3つの給食センターから関係者10名ほどが集い、それぞれのセンターの実情を踏まえて、今後京都府産水産物導入の可能性を協議しました。

kizu-kyushoku4.jpg

(10種類以上の魚や海藻が並びました。揚げたり焼いたりして、素材の味も確認しました。)

食材を実際に手に取ることで、「こんな風に使えるかも?」と参加者から提案がでたり、「アレルギー対策に気を使っているので、卵を使わず、片栗粉だけつけたものを作ることはできますか?」など、給食現場でしか分からない担当者からの質問が出ました。当日は舞鶴から生産者の方も来ていただいたので、参加者の質問に細かく答えていただくことも出来ました。

kizu-kyushoku5.jpg

(食材として提供するだけでなく、京都の魚について児童にどう伝えるのか、そんなことも話題になりました。)

スケジュールや価格の問題など課題も出されましたが、今後の導入に向けて一歩前進できたと実感しています。

(センター にしざわ)

 

posted by center at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

センターに看板がつきました!

住宅街の中に位置しているので、場所がわかりにくい上に
センターの看板も目立ったものがなかったため、
これまで来客の方が迷われることが非常に多く、
どうにかしないといけないね・・・という話になっており
ましたが、
このたび大きな看板を設置することになりました!

昨日、看板屋さんに取り付けてもらいました。
とても立派です。

kanban110408.jpg

kanban1104081.jpg

kanban1104082.jpg

私もセンターに勤務し始めた時は、よく前を通り過ぎて引き返すことが
ありました。
みなさま、またセンターにお越しのときは、新しい看板を目印にしてくださいね。


(よしかわ)

posted by center at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

サクラ開花日調査進行中

センター近くのサクラが開花しました

今年のソメイヨシノの開花が昨年より遅いなあ、と思っていた所、本日4月1日に御所南小学校のソメイヨシノ〈毎年観察しているサクラ)に5輪以上花が咲いているのを確認しました。昨年よりは遅い開花日となりました。

sakura goshominami April 1.JPG

このような感じで、もっと花びらの開いたところもありました

(ちょっとピンボケですみません)

ご案内しています統一調査日は4月3日〈日)ですが、京都市内など暖かいところは、明日にでも開花日を迎える所があるかもしれません。調査のご協力お願いします。サクラ開花日調査の詳細については、下記のアドレスをご覧下さい。

http://www.kcfca.or.jp/jigyou/info/sakura2011.html

二条城や京都府立植物園では、ライトアップもあるようです。お花見がてらに観察していただければと思います。

〈センター西澤)

 

posted by center at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

【案内】11月28日:京北合併記念の森を探検しよう!

関連団体が開催するイベント案内です。
みなさまぜひともご参加ください!

イベントに関するお問い合わせはイベント事務局に直接お願いいたします。

***

「市民の山:京北合併記念の森を探検しよう!」
      〜森のマップつくり 山でごはん 森のしごと〜


日  時:2010年11月28日(日)小雨決行
      10:00 道の駅ウッディ京北集合
      16:30解散
        8:30 北大路駅前発 小型送迎バスあり
        (17:30北大路駅前解散予定)
場  所:京都市「合併記念の森」(京都市右京区京北熊田町)
参 加 料: 大人1人1000円 子ども500円(昼食費含む)
募集人数:先着30名 送迎バス利用での参加 先着20名
         自家用車での参加   先着10名
     林業、自然環境、環境学習に関心のある方、ご家族でのご参加を歓迎!(お1人でも可)

♪森のマップつくり
   合併記念の森を探検、眺めのいいところ、危ないところ、
   どんぐりなどの木の実、動物のうんち、足跡など発見したものを地図に記入、
   森のマップをつくります

♪山でごはん
   薪で炊くご飯、鹿肉のカレー、窯焼きピザなどなどを予定
   (おやつに焼きイモも!)

♪森のしごと
   山でお仕事をしているおじさんの話しを聞きます.
  おじさんたちと一緒に木をきって皮を剥きます

♪森のおみやげ
   自分でつくったきれいな杉の丸太を持って帰ります
   丸太で何をつくろうかな?

主催: 京都市林業研究会
共催: 京北の木で家をつくろうネットワーク     
     林業女子会@京都・京都建築専門学校・京都 薪ストーブ友の会

お申込み京北の木で家をつくろうネットワーク事務局 住吉まで
*11月25日しめきり*
     Fax : 075-467-9293
     E-mail:keihokunoki@gaia.eonet.ne.jp 
     ↑メールをお送りになる際は@を小文字に変換してください。

***

(ふちがみ)
posted by center at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

『ごみ減らし役立ちハンドブック』

当センターの運営委員でもある、環境市民の堀孝弘さんより情報をいただきました。

『ごみ減らし役立ちハンドブック』を作成され、販売を開始されたとのこと。A5版68頁のコンパクトサイズながら、容器包装ゴミを減らすための情報が満載。他地域の先進事例も盛り込まれています。

詳しくは、ぜひこちらをご覧ください。(環境市民のWebサイトへのリンク) 

posted by center at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

宮崎県センターからお願い:口蹄疫義援金のお知らせ

温暖化とは異なる問題ですが、私たちの仲間の宮崎県温暖化防止センター(NPO法人宮崎文化本舗)さんから緊急の要請が届きましたので、当ブログに転載します。

(以下転載可)
----------------
ご無沙汰していおります。NPO法人宮崎文化本舗の石田です。
全国ニュースでも取り扱われていますが、宮崎県内では4月20日に川南町で口蹄疫の可能性がある牛が発見され現時点で8万頭を超える牛や豚が廃棄処分にあっております。
1日数千頭のペースで感染されている可能性のある家畜が発見されており、10万頭を超えるのも時間の問題ではないかと思われています。

当初はGWが終わるころには終息するのではないかという見方もありましたが、そんなレベルではないのが今回の勢いです。

我々もNPOとして何か動くことはないかと議論してまいりましたが、地震や洪水などの災害とは別種のもので、外からの助けは必要なのですが、感染の拡大防止を優先せねばならないのと、専門知識が必要ということもあり、また流通・小売業界から風評被害を食い止めたいという意向もあり、全国的なニュースではあまり大きな取り上げ方はされていませんが、地元では結構深刻な問題になっています。

殺傷した家畜を埋め立てるための人員が足りず、行政や企業、ボランティアも総動員で動いてますが、長期戦になりへばってきているのが現状です。

被害にあった農家を救済しようという寄付や募金の話もGWが過ぎてすぐに出たのですがNPOとしても、配分のスキームを早急に作ることができず断念、行政でも、この目的にあったスキームをすぐに作ることが出来ずに、先週、プロゴルファーの横峯さくらがツアーの賞金1,200万円を寄付しようとしたところ受け入れることが出来ず結局、川南町へ寄付したという経緯があります。

被害は川南町には留まらず、えびの市、都農町、そして都城市の20キロ近くまで広がりつつあります。口蹄疫は直接的には農家が被害を被っているのですが、実は流通や小売、観光と様々な分野で広がりつつあります。10年前に70頭の口蹄疫の被害が出ただけで、90%以上の修学旅行がキャンセルとなり10年経った今でも、キャンセルとなったままとなっています。

そんな中、やっと宮崎県が共同募金会を通じて、今回の口蹄疫に対する義援金の募集を開始しました。

皆様方におかれましては、お忙しいところ大変不躾なお願いではございますが、貴団体のホームページやメルマガ等を通して、この義援金の募集を全国に発信できませんでしょうか?

当方といたしましても、今後の動向を見ながら、地元のNPOとして、復興に努力していきたいと考えてりますので何卒よろしくお願い申し上げます。

以下、宮崎県の「口蹄疫義援金」に関するホームページです。

http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/fukushi/fukushi/shakai_fukushi/html00165.html
posted by center at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

「気候チャンピオン」を募集しています!

温暖化防止活動を実行し、世界に伝える「高校生」を募集します!(応募〆切 5/31)

この「気候チャンピオン」は、英国の公的な国際文化交流機関ブリティッシュ・カウンシルが主催する事業です。

気候チャンピオンに選ばれた高校生は、学校や地域で独自のプロジェクトを実行しながら、広く気候変動(地球温暖化)の実態を伝える役割を担います。世界の気候チャンピオンネットワークの一員となり、東京での任命式や気候チャンピオン会議、海外の環境ユース活動に参加することができます。

応募方法はこちらをご覧ください。

温暖化防止活動に取り組む高校生の皆さんからの、ステキなプロジェクト案をお待ちしています!

posted by center at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

本日、読売テレビ「ten!」に登場

「ストップ温暖化『一村一品』大作戦」全国大会で銀賞を受賞した長岡中央商店街振興組合が、本日2月16日(火)の夕方、読売テレビに登場します!

ニュース番組「ten!」で、17時頃から7分程度の特集だそうです。お楽しみに!

★読売テレビのWebサイトで配信しています。下記サイトの「2010年2月17日 放送」をご覧ください。

http://www.ytv.co.jp/ten/sp/index.html

posted by center at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

「一村一品」全国大会 ウェブ投票実施中!

2010年2月13日(土)、14日(日)、東京港区ニューピアホールにて、「ストップ温暖化『一村一品』大作戦 全国大会2010」が開催されます。

京都府代表は、「ECO-1グランプリ」で優勝した「長岡中央商店街振興組合」。現在、全国大会のホームページでウェブ投票を行っておりますので、ぜひ応援をお願いいたします!!

★長岡中央商店街振興組合の取り組み
「商店街の“まちあかり”で子どもたちの未来を照らせ〜京都発・手作りLED街灯でCO2を9割減〜」はこちら

★ウェブ投票はこちらから↓(後日追記:2010年2月8日で投票期間終了しました)

ippin_touhyou.gif

posted by center at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

2009年をふりかえって

091225wreath.jpg
我が家のクリスマスリースは、ゴーヤのつるを再利用したものでした。

今年も残すところあと数日。 センターも今日が年内最後の業務日です。

2009年、地球温暖化問題の分野においてもさまざまな出来事が起こりました。

日本では8月末に政権交代が起こり、新たに誕生した鳩山政権は「90年比25%削減」という野心的な目標を設定。

しかし、「事業仕分け」では、センターが実施しているいくつかの事業が廃止と判定されました。

そして先日のCOP15は、交渉決裂という最悪の事態は免れたものの、先進国の中期目標数値も明記されず、残念な結果に終わってしまいました。

この11月、世界気象機関(WMO)から「大気中の温室効果ガス濃度が昨年、産業革命以降で最高となった」と発表されています。

国際交渉の難しさを痛感しつつも、結論を先延ばしにしている場合ではありません。

温暖化防止は、「国家レベルでの制度設計」と「地域における地道な市民活動や環境教育」が両輪となり、実効力をもって推進されていくものだと思います。

センターも激動期を迎えていますが、「工業化以前からの気温上昇を2度未満に抑えるために、2020年までに25〜40%、2050年までに80%削減」という目標を見据えて、ともに活動してきた方々との結びつきを大切に、実効力ある取組を実現していきたいと考えます。

さて、今年最後のブログということで、当センター事務局長に「今年の締めくくりの一言」を求めたところ、次のようなコトバが返ってきました。

スーダンは日本より数段交渉上手」(COP15の感想)

・・・それでは皆様、よいお年をお迎えください・・・

(竹)

posted by center at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

外務省「中国・アジア記者招聘事業」

外務省主催の「中国・アジア記者招聘事業」の一環で、7ヶ国11名の海外メディア記者が京都へ取材にやってきました。

7ヶ国とは中国・マレーシア・インドネシア・フィリピン・タイ・インド・モルディブです。

午前中は京セラ(伏見区)、そして午後は北桑田高校(右京区京北)へ。

北桑田高校といえば、一昨年度の「きょうとECO-1(エコワン)グランプリ」を獲得し、全国大会でも最優秀賞に輝いた学校。

★北桑田高校の温暖化防止の取り組みはこちら

当センター職員も取材に同行し、バスの中で、当センター事業や北桑田高校の取り組みについてお話しさせていただきました。

高雄の美しい紅葉を見ながら、バスは周山街道を北に進み、北桑田高校に到着。

091117kitakuwada01.jpg
同校の原田先生から説明を受ける海外記者たち

091117kitakuwada02.jpg
生徒に取材するインドネシアの記者

091117kitakuwada03.jpg
生徒4人へ囲み取材!

記者「京都議定書のことは知ってるか?ポスト京都議定書の枠組みについては?」

生徒「鳩山総理が25%減を目標に掲げました」

記者「CO2削減の取り組みをすることで成果はあったか」

生徒「家具などの発注が増えました!」

他にも「なぜ林業を学ぼうと思ったのか」「どんな進路に進みたいか」などなど、記者たちからは、熱心な質問が相次ぎました。

(竹)

posted by center at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

黒いアイツが狙ってる!

皆さん、 「緑のカーテン」の植え付けは終わりましたか?

当センターもそろそろ植えなければ!ということで、屋上で発酵させている生ごみ堆肥を見に行くと・・・

あっ!!

090520taihi01.jpg

カラスに袋を破かれている!!!

090520taihi02.jpg

あちこちクチバシでつつかれて、袋は穴だらけ・・・もうやだ〜(悲しい顔)

屋上の床は、堆肥だらけ・・・もうやだ〜(悲しい顔) もうやだ〜(悲しい顔)

私とよしかわさんは、夕闇の中、力なくホウキで掃き掃除をしたのでした。

ごみ袋の中の生ごみは、すっかり発酵していて、生ごみ臭などは全然しないのです。

それなのになぜ、カラスに狙われたのでしょう?

カラスは、嗅覚ではなく視覚で「黒いポリ袋には、おいしいものが入ってるファーストフードと判断しているのですかね??
(竹)
posted by center at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする