2009年04月10日

今年のサクラは・・・

090408sakura01.jpg

090408sakura02.jpg

皆さん、こんにちは!

お花見客でにぎわう京都も、そろそろソメイヨシノが散り始めました。

今年は3月下旬から肌寒い日が続いたせいか、花が長持ちした気がします。

京都府センターでは、府内の温暖化防止活動推進員の皆さんと「サクラの開花日調査」を実施中。

090408sakura_chousayoushi.jpg
↑これが調査シートです!(クリックで拡大)

昨年秋に実施した「カエデの紅葉調査」と同様、龍谷大学経済学部の増田啓子教授にご協力をいただき、調査を進めています。(先生のご専門は温暖化による動植物への影響です)

府内各地から記入済みの調査シートが寄せられており、現在約90件集まっています。

さて、どのような結果が出るのでしょうか??

(竹)
posted by center at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

生ごみ堆肥の二次発酵

京都府センターでは、お茶ガラ・コーヒーかす等の生ごみを、バケツ型処理容器に入れてコンポスト化しています。(関連記事はこちら

090410namagomi01.jpg
↑使っているバケツは「くうたくん」。
レースのカバーが湿度調節&虫よけにGOOD!


最近バケツの中がいっぱいになってきたので、二次発酵させることにしました。

二次発酵とは、堆肥の温度を上げて発酵を促し、完熟させること。未熟堆肥には有害物質が含まれていて植物の成長を阻害するので、質のいい堆肥をつくるためには二次発酵が不可欠です。

090410namagomi02.jpg
バケツの中身(半分ほど)を黒いビニール袋に移します。
(バケツに残った半分には、引き続き生ごみを投入していきます)


090410namagomi03.jpg
生ごみは、バケツでの一次発酵ですっかり分解され、見えなくなってます。
ニオイもほとんどありません!


090410namagomi04.jpg
ビニール袋の口を軽く縛り、日当たりのいい場所に置きます。

発酵を進めるには堆肥を空気に触れさせることが大切なので、ホントはプランター等で二次発酵させたいのですが、事務所の屋上には雨を除けられる場所がないので、ビニール袋を使うことにしました。

たまに「切り返し」(=堆肥をかき混ぜて空気に触れさせること)を行いながら、これで様子を見たいと思います。

黒い袋が太陽の熱を吸収して、堆肥の温度が順調に上がれば、1ヶ月くらいで完熟するかも・・・

5月になったら事務所のベランダにゴーヤの苗を植えるので、その元肥に間に合ったらいいんですけどね。

ちなみに私は、自宅でも同じ方法で生ごみ堆肥の二次発酵をしていますが、お米屋さんから「米ぬか」をもらってきて混ぜています。いい堆肥になりますよ〜☆
posted by center at 09:23| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

おかえり菜の花!

前回お知らせした菜の花たち、先週末「鴨川さくらまつり」に展示され、今朝センターに帰ってきました!

090407nanohana.jpg
おかえりなさ〜い!

強風にあおられて少し傾いてしまいましたが、元気な姿で何より♪

種の収穫が楽しみです☆

(竹)
posted by center at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

菜の花の里親です。

090402_1.jpg

京都市ごみ減量促進会議さんが行っている 菜の花「夢」プロジェクト(使用済み天ぷら油の回収・燃料としてのリサイクル事業のPRプロジェクト。詳しくはコチラ)に参加ました!

この冬から春にかけて、センターのベランダで菜の花を育てていのですが、週末に行われるイベントで展示されるべくトラックに揺られて運ばれていきました。

090402_2.jpg

行き先は、「鴨川さくらまつり」。
展示が終わって戻ってきたら種を採取して、油の採取に協力します。

(ふちがみ)
posted by center at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

環境市民が『環境問題の「もうちょっと知りたい」に応えるハンドブック』を発行

 京都で長年環境保全活動を続けるNPO「環境市民」さんより情報をいただきましたので掲載します。

 環境市民はこのたび、『環境問題の「もうちょっと知りたい」に応えるハンドブック』を発行されたとのこと。

詳しくはこちらに掲載されています ↓
http://www.kankyoshimin.org/jp/hotnews/ecohandbook.html

 確かに、「簡単なパンフレット」と「難しい書籍」の間は、思ったよりも手薄なのかもしれませんね。
きはら
posted by center at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

みどりのカーテン育成ガイドブックを改定しました!

少しづつ暖かくなり、みどりのカーテン植え付けの時期が
近づいてきたなと実感しています。

今年は、昨年よりももっと広い範囲で、みどりのカーテンが普及
すること、またカーテンを使った環境教育が実施されるよう、
京都府センターでも新しい情報発信をしていきたいと考えています。

さて、ご好評をいただいておりました「みどりのカーテン育成
ガイドブック」ですが、この度、新しい情報を盛り込んで、
改訂版を作成いたしました。

改訂版には、水の節約方法や土の入れ替えなどの情報、みどりの
カーテンを使ったさまざまな環境教育アイデアを掲載しています。

midorihyoushi.jpg

「みどりのカーテン交流広場」のトップページからダウンロードが
できますので、今年から新しくみどりのカーテンにチャレンジされる
方も、毎年実施されている方も、ぜひこの改訂版の冊子を参考に
取り組んでみてください!

(京都府センター:よしかわ)



posted by center at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

生ごみコンポストを設置しました

じゃ〜ん

070803_1319~002.jpg

写真をあまり上手に撮れませんでしたが、
事務所に生ごみコンポストを設置しました。

事務所ですので、お肉やお魚のごみが出る
ことはないのですが、それでも毎日、茶殻や
コーヒー、それに今年はみどりのカーテンも
茂っているので収穫できたゴーヤをいただく
機会もありました。
ごみって、どうしても毎日、出ますよね。
それに蒸し暑いとぷ−んと臭ったり、虫が
来たりします。

電化製品の処理機よりも、バケツ型ですと
コストも低いので手軽でいいかなと思いました。
ただし、母材(この場合はおがくずや竹くず)の
水分量の調節や、よくかき混ぜて固形物が
分解されるのを手助けする必要があります。
上手に付き合っていくことができるといいなと
思います。

永野記
posted by center at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

毎日新聞にECO-1グランプリ登場

6月20日(水)の毎日新聞朝刊26面に、「きょうとECO-1グランプリ」の記事が掲載されました!

070620mainichi_s.gif

↑クリックすると拡大します。

お問い合わせもたくさんいただいており、お話させていただく中で、「まだまだ府内には、私たち(事務局)が知らない温暖化防止活動がたくさんあるなぁ〜」と実感しています。

ECO-1グランプリの募集を通じて、多様な地域・多様な分野で温暖化防止に取り組む人たちと出会い、つながりを紡いでいきたいと思います。

(竹)
posted by center at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

ECO-1グランプリ説明会(1)

今日は14時から、京都市中京区のコープイン京都で、「きょうとECO-1グランプリ」第1回説明会を行いました。

参加者は7名で、「自分たちの活動は応募対象に該当するか」「取組によって削減できるCO2量の算出方法は」などなど、活発な質疑が出されました。

(竹)
posted by center at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

メルマガうぉーみんぐ3号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メルマガ!うぉーみんぐ■
                  ☆第3号☆2007/06/14発行

     〜京都府地球温暖化防止活動推進センター〜
         http://www.kcfca.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==もくじ==

●センターから:
1. 今年度の推進員研修はじまります!一般参加可能です。
2. エコ1グランプリエントリー募集中です!
3. みどりのカーテンMAP日記
――――――――――――――――――――――――――――――
●イベント:
1.「不都合な真実」上映会(精華町、宮津市)
2. 京都商工会議所 環境月間見学会と環境講演会
3.エコロジーコンサート(京エコロジーセンター)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
すっかり暑くなりましたね。この夏も気象庁の3ヶ月予想に
よると、高い確率50%とのことですので、
http://www.tenki.jp/tyo/77203.html
夏ばてしないように、あまり働きすぎないように
がんばりたいものです・・・。
そうはいっても、ちょっと涼しい日にデパートなどに
入るとクーラーの効きすぎで寒くて困ることもありますよね。
日本百貨店協会では、加盟のデパートで今年は一週間だけ冷
房温度を通常より1度〜2度上げるそうです。
鉄道やコーヒーショップなどにも波及するといいですね。
(いとう)

■1. センターからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼1. 平成19年度第1回推進員研修

「どれがホントでどれがウソ!?
            〜地球温暖化の仕組みと影響〜」

講師:江守正多さん(国立環境研究所地球環境研究センター・
          温暖化リスク評価研究室長)

 地球温暖化が深刻だ・・・という言葉はよく耳にしますが、「本当に

温暖化は人間が起こしている問題なの?」「どうやったら100年後の
気温を予測できるの?」「この異常気象は温暖化の影響と言えるの?」
といった一つ一つの事について、ともすると間違った説明を聞かされる
ことも多いですね。

そこで、国内の第一人者であり、テレビ番組にも出演され
温暖化について積極的に伝えておられる江守氏にお越しいただき、
「温暖化のウソ・ホント」についてわかりやすくお伝えいただきます。
また、「伝え方」についてもアドバイスをいただきます。

推進員研修ですが、推進員以外の方の御参加も歓迎します。
参加御希望の方はセンター事務局までお申し込みください。     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼1. ■□■きょうとECO−1(エコワン)グランプリ■□■
         http://kcfca.or.jp/eco1/
         エントリー募集中です!
――――――――――――――――――――――――――――――
■応募期間:2007年6月1日(金)〜8月31日(金)
――――――――――――――――――――――――――――――
■応募説明会を行います!
【京都府北部】
○6/26(火)14〜15時
○6/30(土)11〜12時
いずれもアスパホール(綾部市綾中町花ノ木30番地)にて
(地図)http://www.aspa.or.jp/map.html

【京都府南部】
6/17(日)14〜15時
6/28(木)14〜15時
いずれもコープイン京都
(京都市中京区柳馬場蛸薬師上ル井筒屋町411)にて
(地図)http://hawk2.kyoto-bauc.or.jp/coop-inn/kyoto/access/index.html

説明会に参加頂けない方は、直接センターにお問い合わせ頂ければ
結構です。
また、お知り合いの方にぜひ御紹介ください。

その他応募要項など詳しくは
http://kcfca.or.jp/eco1/
を御覧ください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼2.「みどりのカーテンMAP日記」を公開中です!

現在、京都府内で取組まれている「みどりのカーテン」の
取組を紹介する「みどりのカーテンMAP日記」を公開しています。
http://green-mapnikki.seesaa.net/
これからどんどん大きくなっていくゴーヤなどみどりの
カーテンの様子を紹介していきます。

みなさんの地域のみどりのカーテン情報もぜひお寄せください。
詳しくはセンターまで!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2. ●イベント:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼1. 映画「不都合な真実」上映会が行われます。

○精華町
http://www.keihanna-plaza.co.jp/07event/movie/153th/index-j.html
7月6日(金)10時30分〜、14時〜、19時〜 の3回 
7月7日(土)
7月8日(日)
土日いずれも、10時30分〜、13時15分〜、15時45分〜
の3回
場所:けいはんなプラザメインホール
http://www.keihanna-plaza.co.jp/10accessmap/index.html
入場料:1000円(精華町在住者は前売700円)
主催:精華町環境ネットワーク会議
問い合わせ先:精華町衛生課 0774-95-1905

○宮津市
7月7日(土)10時半〜、13時〜、16時〜、19時〜
の全4回
場所:みやづ歴史の館文化ホール
http://www.city.miyazu.kyoto.jp/~bunka/siryoukan/goannai.html
入場料:前売1200円、当日1500円、高校生まで、60歳以上、障害をお持ちの
方など1000円
主催:(財)宮津市民実践活動センター、(株)シネマ・ワーク
問い合わせ先:みやづ歴史の館 0772-20-3390

京都市内に足を運べず、これまでこの映画を観るチャンスの
なかった方々に朗報です。精華町と宮津市でそれぞれ、上映会が
開催されます。
今年に入って、温暖化問題がいっそう注目され、政治の中心課題の
ひとつに浮かび上がった原因の一つが、この映画の存在であったこと
は確かです。一度観た方も、再びゴア氏の語り口に耳を傾ける
良い機会かと思います。

なお、7月7日にはゴア氏が提唱した「Live Earth」が東寺境内にて
http://www.liveearth-japan.jp/
行われますが、チケットは全て売り切れているようです。


――――――――――――――――――――――――――――――
2.京都商工会議所 環境月間見学会と環境講演会

●環境月間講演会U『今求められる京都企業の環境ソリューション』
「京都府における事業者向け環境政策と屋上緑化のすすめ」(仮)、
「三菱電機グループの環境戦略 廃棄物からソリューションまで」
2007年7月6日(金) 13:30〜16:30
開催場所:京都商工会議所 役員室 (3階)
内 容
(1)「京都府における事業者向け環境政策と屋上緑化のすすめ」(仮)
   京都府企画環境部 環境政策監 中井敏宏氏
(2)「三菱電機グループの環境戦略 廃棄物からソリューションまで」
   三菱電機株式会社 環境推進本部 推進グループ 専任 竹内秀年氏
*講演会終了後、ご希望の方は京都府庁の屋上緑化にご案内します。
定員■先着50名 料金 無料
お申し込み方法

http://www.kyo.or.jp/kyoto/cgi-bin/frame.cgi?/kyoto/cgi-bin/whatsnew.cgi?action=record&primary_key=772
こちらのお申し込みフォームからお申し込みください。

●環境月間 見学会
「イズミヤ 神戸ポートアイランド店」、
「アサヒ飲料 明石工場」
2007年6月21日(木) 8:30〜17:30(8:20集合)
8:20 京都商工会議所玄関前集合
内 容
貸切バスにて、下記の先進的な環境取組を行っている先への見学会を開催します。
イズミヤ 神戸ポートアイランド店《神戸市中央区》
(NEDOの太陽光発電新技術等フィールドテスト事業に認定)
○屋上緑化、太陽光、風力、自然採光、コ―ジェネを駆使したCO2削減
○「エコ店舗」モデル店としての廃棄物削減への取り組み
アサヒ飲料 明石工場《明石市》
(平成14年度リデュース・リユース・リサイクル推進協議会会長賞受賞)
○PETボトル内製化によるCO2排出抑制
○コーヒー粕などの廃棄物を100%再資源化
料 金
3,000円(当日拝受致します。昼食代含)
お申し込み
http://www.kyo.or.jp/kyoto/cgi-bin/frame.cgi?/kyoto/cgi-bin/whatsnew.cgi?action=record&primary_key=771
こちらのお申し込みフォームからお申し込みください。

問い合わせ先:
京都商工会議所 産業振興部 担当:谷口、熊谷
TEL:075-212-6443
FAX:075-255-0428
e-mail:shinkou@kyo.or.jp

――――――――――――――――――――――――――――――
廃品打楽器奏者山口ともによるエコロジーコンサート
(主催:京エコロジーセンター)
山口とも氏が廃品を利用して作った楽器を
使ってとっても楽しいコンサートを行います。
●日時 6月24日(日) 午後2:00〜4:00(受付は1:30より)
●対象 どなたでも(幼児は保護者同伴)
●出演 山口とも 氏
●定員 80名(先着順)
●お問合せ・申込
6月23日(土)までに,氏名・連絡先(電話番号・FAXのいずれか)
・参加希望人数を,電話かFAXにて京エコロジーセンターまでお申
し込みください。
詳細は
http://www.miyako-eco.jp/03_ivent/03_1.htm#7
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■5. 温暖化最新ニュース特集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼江守正多さんの発言・紹介記事あれこれ

http://www.thinktheearth.net/jp/earthrium/01warming/text03.html
温暖化予測にかかわられたきっかけや、「温暖化を止めるためにはど
うすればいいでしょう?」という質問に、科学者として真摯に答え
られています。

http://www.natureasiapacific.com/japan/jobs/tokusyu/060525-2.php
地球シミュレータを用いた気候変動予測についての紹介。今回の
IPCC第4次報告にも大きな影響を与えました。

http://www.nies.go.jp/sympo/2005/qanda/2005emori.html
2005年の国立環境研究所のシンポジウムで江守さんが行われた講演
についてのQ&A集です。

http://www-cger.nies.go.jp/cger-j/c-news/vol17-9/vol17-9.pdf
(国立環境研究所地球環境研究センターニュースのPDF)
Cinema review「不都合な真実」-世界を変え損ねた男の新たなる戦い-
・・・ゴア氏の講演の少し大げさな箇所についても触れています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by center at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

京都新聞にECO-1グランプリ登場

6月9日(土)の京都新聞朝刊28面に、「きょうとECO-1グランプリ」の記事が掲載されました!

070609kyotoshinbun_s.JPG

(↑クリックすると拡大します)

記事へのリンクはこちら

posted by center at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

きょうとECO-1グランプリ 募集開始!

「きょうとECO-1(エコワン)グランプリ」の募集が始まりました!



本日、京都府庁記者室で記者発表を行いました。

続きを読む
posted by center at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

めるまがうぉーみんぐ2号

==もくじ==

●センターから:
1.2007年度総会を行います。
2.緑のカーテンだより

●京都府から:
「府庁NPOパートナーシップセンター」がオープンしました。
――――――――――――――――――――――――――――――
●イベント:
1. IPCC第4次評価報告書から〜地球温暖化問題の最新情報〜
――――――――――――――――――――――――――――――
●利用できる啓発冊子・グッズなど:
1. ブックレット「地球温暖化と感染症」(環境省)
――――――――――――――――――――――――――――――
●温暖化最新ニュース特集:IPCC第4次報告について(その2)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5月の割には少し肌寒い日が続いていましたが、いかがお過ごしでしょうか。
小生は毎朝クルマで保育園に子供を送っていますが、この季節は
一番燃費が良い時期で、リッター18kmくらいいくのですが、少し
寒いと暖機中のランプが長く点灯し、暖房をつけなくても燃費が
幾分悪化するのが悩ましいところです。
まあそのうち、エアコンの冷房をつけるようになるともっと
悪化しますが・・・。(いとう)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1. センターからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼1.2007年度総会を行います。
京都府温暖化防止センター(特定非営利活動法人京都地球温暖化
防止府民会議)の設立から4年目を迎えての総会を行います。
センターのこの1年の活動紹介、今年度の事業計画の提案も
行いますので、ぜひ御参加ください。


日時:6月23日(土)14時〜16時
場所:京都弁護士会館(中京区富小路丸太町下る)
http://www.kyotoben.or.jp/10accsess-info.html

14時〜15時 センター活動報告・活動計画審議など
15時〜 記念講演 
「2010年に向けての京都の温暖化対策の新たな視点(仮題)」
郡嶌孝・同志社大学教授(当法人理事長)

▼2.みどりのカーテンに取り組まれる方へ
 ゴーヤーの植え付け時期がそろそろ終わりに近づいています。
(ゴーヤーの植え付け適時は一般的に4月下旬から5月上旬くらい
とされています)これから植え付け予定の方はお急ぎ下さい。ま
た、植え付けが遅くなってしまう方にはつるムラサキやアサガオ
がお勧めです。

▼3.「Web版・みどりのカーテン交流広場」が近日オープンします
(5月中)
 当HPでは、京都府内のみどりのカーテンの取り組み状況がわか
る「みどりのカーテンMAP」をメインに、緑のカーテンに関する
さまざまな情報を掲載いたします。各地で取り組まれている緑の
カーテンの成長の様子や、それに関する環境教育情報などをご覧
いただけます。
 また、この交流広場にご登録いただける方を募集しております。
ご登録いただいた方には、ご自身のみどりのカーテンに関する取
り組み内容を配信することができます。また、育成に関して困っ
たことなどについての情報交換もできます。ぜひ、ご参加下さい。
※ご登録いただく方は、緑のカーテンの写真や成長の情報などを
ご提供下さい。(担当:吉川)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2. 京都府からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼「府庁NPOパートナーシップセンター」がオープンしました。
――――――――――――――――――――――――――――――
5月9日に府庁旧館1階に、地域課題の解決に向け、NPOと行政、
NPO相互が交流・協働・連携するための拠点施設として、
「府庁NPOパートナーシップセンター」がオープンしました。

特徴として、
・きょうとNPOセンターなどのNPOと府が協働して開設
・きょうとNPOセンターから職員がセンタースタッフとして
 出向
・府内のNPOの取組課題支援などのコーディネーター機能をもつ
・朝9時から夜9時半まで使用可能な会議室(定員30人)や作業
スペース、情報ボックスなどを、申請すれば京都府内の団体
(法人格問わず)なら無償で使用可能

となっています。
詳しくは、
http://npo.pref.kyoto.lg.jp/npo/center/center_navi.html
を御覧ください。(文責:温暖化防止センター事務局)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3. イベントのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼1. IPCC第4次評価報告書から〜地球温暖化問題の最新情報〜

 地球温暖化問題が人類にとって最大の課題と言われている中、世界
の科学者が最新の知見を集めてまとめているIPCC(気候変動に関する
政府間パネル)の第4次評価報告書第1作業部会の内容が2月に発表さ
れました。この報告によると「温暖化は実際に起こっており、人為起
源の温室効果ガスの増加が原因であることがほぼ断定された。21世紀
末の平均気温の上昇は1.1〜6.4℃と予想される」などとなっています。
今回のセミナーでは、京都大学の松岡譲さんにその内容について報告
していただき、最新の情報を共有し、理解を深めることで、温暖化対
策の促進につなげていきます。

○日 時:2007年6月2日(土)14:00〜16:30(13:30〜開場)
○場 所:京都御苑閑院宮邸跡レクチャーホール(京都市上京区)
   ※地下鉄「丸太町駅」下車 1番出口をから徒歩3分
http://www.kyotogyoen.go.jp/map2_kaninnomiya.html
○定 員:90名(先着順)
○参加費:500円(資料代)
○主 催:京都御苑管理事務所、京エコロジーセンター、
気候ネットワーク、京都府地球温暖化防止活動推進センター
○申 込:(特活)気候ネットワーク
     TEL:075-254-1011 FAX:075-254-1012
     E-mail:kyoto@kikonet.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4. 利用できる啓発冊子・グッズなど
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼1. ブックレット「地球温暖化と感染症」(環境省)
――――――――――――――――――――――――――――――
環境省では、地球温暖化により、感染症を媒介する動物の分布域が広
がるなど、温暖化と感染症の関係が指摘されていることを踏まえ、こ
うした知見を広く国民に提供し、関心を高めることにより、感染症を
予防するとともに、温暖化問題への取組を促進するため、「地球温暖
化と感染症〜いま、何がわかっているのか?〜」パンフレットを作成
しました。

センターに在庫がありますので御希望の方は連絡ください。
また、
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/knowledge.html
からダウンロード可能です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■5. 温暖化最新ニュース特集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼IPCCが第3作業部会報告書「緩和策」(要約)を発表
――――――――――――――――――――――――――――――

これまでに「自然科学的根拠」「影響・適応・脆弱性」について
の報告(要約)を発表してきたIPCCが、「緩和策」についての報告
を発表しました。
 この報告には、大幅な排出量削減は充分に可能であること、ここ
20〜30年の対策が今後の気温上昇や影響の大きさをほぼ決定するこ
となどが書き込まれています。
 これで報告書の概要版はすべて出揃いました。IPCCでは、今後、
最終的な報告書の取りまとめ作業が行われます。

○JCCCAの「温暖化関連ニュース」内の記事
 http://www.jccca.org/content/view/1727/670/
○環境省報道発表資料
 http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=8339

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ここまでお読みいただいてありがとうございました。
次号は6月中旬発行予定です。
掲載を希望される情報等ありましたらセンターまで
お知らせください。
――――――――――――――――――――――――――――――
▼ご意見・お問い合わせ・購読希望は・・・ center@kcfca.or.jp

「メルマガ!うぉーみんぐ」 ☆第2号☆2007/05/20発行
発行:京都府地球温暖化防止活動推進センター
http://www.kcfca.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by center at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

今年もセンターではみどりのカーテンをつくります

5月14日、朝から近くのホームセンターに行き、ネットや
プランター、培養土などを購入してきました。

今年は、ゴーヤーと朝顔で挑戦する事になりました。
ベランダにカーテンを作る予定ですが、まずは屋上の
日当たりが良いところで、大きくなるまで育てます。


IMG_1835.jpg


ネットはりの作業は2階で足の踏み場が少ないので、
結構大変でしたが、男の人たちががんばってくれて
きれいに完成することができました。

IMG_1840.jpg



去年は失敗しましたが、昨年度いろいろな方にノウハウを
いただいたので、今年はきれいにカーテンをつくりたいです。

                      (よしかわ)

posted by center at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

「かしこいクルマの使い方を考えるプロジェクト宇治」大きな成果

事務局の伊東です。

http://kyoto-ondanka.seesaa.net/article/5050281.html
でお伝えした、表題の「モビリティ・マネジメント」交通社会実験事業の
中間報告が行われました。発表されている成果の概要は、こちらまたはこちらをご覧下さい。


この事業の成果のポイントを挙げるならば、

・宇治商工会議所等の呼びかけにより宇治市内151事業所が、従業員に対してのプログラム参加を呼びかけ。

・それに応じてTFP(トラベル・フィードバック・プログラム・・・自動車の環境等への影響を紹介した上で、通勤経路を訊き、毎日の通勤等の交通手段を公共交通や徒歩・自転車などに転換できるかどうか、可能性を訊く調査)に参加した従業員数は3000人に及ぶ。

・その結果実験期間中の鉄道(JR、京阪、近鉄)の朝の通勤客が3割増加。実験終了1週間後も実験前に比べ16%増加したまま。また朝の時間帯、徒歩通勤者の増加や、乗用車の減少がみられた。

・インターネットを利用したより詳細なTFP(240人参加)では、取り組みを通じて自動車利用が9%減少、参加者一人一日当たりのCO2排出量が14.4%削減。

・参加者に配布した宇治通勤交通マップ(鉄道・バス路線図および目的事業所別・乗り継ぎ手段別の時刻表)が参加者に好評。

・TFPの中で交通の利便性やプログラムについての自由意見・要望を求めたところ、430人から538件もの回答。とりわけ「歩道などの整備」(62件)、「バス本数の増加」(71件)などの意見が多く寄せられた。

などです。
こうした成果をみると、この交通社会実験が、参加者の自発的なクルマ利用抑制を促すのみならず、
・個々の事業所ベースでの、従業員の通勤交通のクルマ利用抑制対策の促進。
・調査結果が公共交通や歩道・自転車道の潜在的利用者へのマーケティング・リサーチとして機能することにより、公共交通や歩道・自転車道の利便性の改善

につながる可能性が大きいと思いました。

11月2日に行われた推進会議では、
「実験中駐車スペースが目に見えて空いた」(市内大型事業所)
「これまで従業員の交通手段を登録管理していたが、今回の取り組みを契機に、自家用車で登録していた人が登録変更なしに自転車やバイクで来ても良いことにした。また駐輪場が手狭なので増設する」(市内大型事業所)
「自由意見要望がためになった。ここまでまとまった意見をいただく機会がなかなかない。持ち帰って検討したい」(バス事業者)
「今回作成された地図をダイヤ改正にあわせてアップデートして欲しい」(鉄道事業者)
などの意見・感想が出されました。

今後、改めて参加者へのフォローアップ調査を行い、効果が持続しているかどうかの測定を行い、また、次年度へ向け、

・従業員が参加した事業所(企業)への取り組み意向調査
・マップを定期的に更新し発行していくための地域の仕組みづくり

などを行っていくことが検討されています。

詳しくは、京都府交通対策課まで。



posted by center at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

まいづるおひさまTシャツできました

シャツ3.jpg 舞鶴Tシャツ2.jpg

現在、舞鶴の推進員を中心とした「まいづるおひさまプロジェクトチーム」により、「まいづるおひさまプロジェクト」が進行しています。
これは、舞鶴に太陽光パネル設置による市民共同型の発電所(おひさま発電所)を作ろう!というプロジェクトなのですが、今回プロジェクトチームで「おひさまTシャツ」を作成しました。
Tシャツのサイズは110、130(子供用)、M、L(大人用)です。
価格はまだ決定していませんが、このTシャツをイベント等で販売し、売り上げの一部を「まいづるおひさまプロジェクト」に還元し、舞鶴でのおひさま発電所づくりやその他の活動資金に充てていく予定です。

Tシャツのデザインは地元舞鶴の方にお願いしました。なかなか可愛いTシャツなので、飛ぶように売れることを期待します!

(林川)

posted by center at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

京のアジェンダ21フォーラム公募委員募集

京都市の地球温暖化対策地域協議会である「京のアジェンダ21フォーラム」は、これまで、醍醐のコミュニティバス立ち上げやKESの普及、家電の省エネラベルの立ち上げなどに少なからぬ成果をあげてこられましたが、

この度「その組織と活動のあらゆる面で、抜本的な見直し」のために「京のアジェンダ21フォーラム・戦略検討委員会」を立ち上げるとの事です。

ひいては、上記委員会の公募委員を9月20日まで同フォーラム会員より募集中です。
詳しくは、
http://ma21f.wablog.com/2005-09-13.html
をご覧ください。
posted by center at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

第2回京都住宅評価モデル事業ワーキングを行いました。

様々な観点のある住宅の性能評価のなかでも、環境面での評価に特化し、加えて地域の工務店などでも簡単に扱えるようなツールの作成を行う標記事業の第2回ワーキングが先日26日に行われました。

2回目ということで、評価書のたたき台をみながら委員のみなさんの意見をうかがう形になりました。住み手のライフスタイルという条件をどう盛り込んでいくか、マニュアルを作成するインセンティブとは、などについて議論がなされ、ずいぶん具体的なイメージがまとまったかと思います。

(ふちがみ)
posted by center at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

「京都住宅評価モデル事業」第1回ワーキング開催

標記の会合を、7月25日に開催しました。
(アップが遅くなりました。)

地球温暖化防止への貢献度を評価することに重点を置き、かつ地元の工務店などでも比較的簡単に利用できるような住宅評価マニュアルを作成することが目的です。
断熱性や機密性など省エネ性能の評価だけでなく、使われている資材の環境負荷などについても評価できるような、特色ある評価システムづくりを考えております。

今回は初のワーキングということで、集まっていただいた方々(大学の先生、地域の大工・工務店、NGOなどさまざま)に事業の主旨を説明、再確認し、現実的に単年度でどこまでできるのか、有用性がある制度にするにはどんな要素が必要かなどについての意見交換となりました。

(ふちがみ)
posted by center at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

宇治で「かしこい車の使い方を考える」プログラムがスタート

事務局の伊東です。

本日宇治市役所にて、近畿運輸局・京都府・宇治市などが呼びかけての「モビリティ・マネジメント」(かしこい交通機関の選択を主に個人を対象として促すプログラム)の実践を行うための「宇治地域通勤交通社会実験推進会議」の第1回会合が行われ、出席してきました。

今回の取り組みは、宇治市内の大規模事業所を中心として、自動車通勤者に対して、利用可能な公共交通に関する案内や、個別の自動車利用に伴うCO2などの環境負荷を、アンケートとその回答へのフィードバックを通じて情報提供することにより、

(「交通版環境家計簿」と捉えていただくとそんなに間違っていません)

個々の通勤の公共交通への利用転換を促すもので、大阪府内での実績では、事業所の参加者のうち1割が車を止めてバスや自転車、徒歩などに通勤手段を変えた、という結果が出ているようです。

温暖化防止センターでは立命館大学院生の井上さん(京のアジェンダ21フォーラム交通WGでもご活躍の方です)の積極的な参画を得て、このプログラムの中で、個別の事業所等にたどり着くために便利な路線図・乗り場案内・時刻表などの「バスマップ」を作成しアンケート資料として提供します。

「バスマップ」自体も、現在全国各地で自主的な取組が行われており、公共交通機関のアクセスをわかりやすくすることで利用減から利用増に転じるための有効な手段の一つとして注目されています。今回の取り組みを通じて、府内のいろんな地域で、こうした取組を地域の事業者・自治体・住民が参加しての仕組みづくりへとつなげていくことができると良いですね。

posted by center at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする